大阪フォトアイドルライブ撮影会公式ブログ

常識ですが、本ブログの全ての記事や画像その他一切の転載、或は流布をお断りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

謹賀新年

   新年明けましておめでとうございます。

昨年後半は全く撮影会を開催できませんでしたが、やる気のあるモデルが入り次第、再開する所存です。

今年も当撮影会を宜しくお願い致します。

テーマ:グラビアアイドル - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2013/01/01(火) 07:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

2012私的邦画ベスト10

今年下半期は全く活動ができず申し訳ございません。

余りに更新が開くと良くないので、今年もやります。大晦日恒例?の邦画ベスト10

因みに昨年第1位は『奇跡』、第2位は『管制塔』という、私的好み全開のワンツー。

では今年映画館で観た邦画、全32本のなかから選出したベスト10。


2012邦画私的ベスト10


次点:『鍵泥棒のメソッド』

巧みな脚本でグイグイ惹きこまれるが、最後の最後のカットは蛇足。
それが無ければベストテン入り。
年明け日本各所でアンコール上映あります。




第10位:『キツツキと雨』

観た後優しい気分になるロハスムービー。
助監督役で、昨年『マイ・バック・ページ』で当ランキング最優秀助演男優賞の古舘寛治さんは「お諸葛孔明」のCMでブレイク中。




第9位:『夢売るふたり』

“風呂場のふたり”等印象的なシーンが多く、救いの無い空気を感じ取れる。
松たか子さんはもちろん、女優陣が熱演。
ここにも古館寛治さん出演。




第8位:『るろうに剣心』

ツッコミどころは少々あるが、迫力あるアクションが忘れさせてくれる。
ただラスボスの術が何のフリも無くあっさり解かれてしまうのは残念。
それが無ければもっと上位。




第7位:『苦役列車』

山下敦弘監督作品にハズレ無し。
森山未來さんのダメ人間っぷりがすさまじい。
挿入歌も手がけるマキタスポーツさんはナイスキャスティング。




第6位:『終の信託』

周防正行監督作品にもハズレ無し。
検察官役の大沢たかおさんが強烈なインパクト。役得だがそれに見合うだけの好演。




第5位:『北のカナリアたち』

豪華役者陣でパスを繋いで、最後に森山未來さんがゴールを決める。
東映60周年記念作品ということで、柴田恭平さん仲村トオルさん、『あぶない刑事』のコンビが揃い踏み。
因みにサウンドトラックには、出演者6人の合唱も。




第4位:『かぞくのくに』

日本側の視点だけに留まらなかったことで物語に厚みが出ている。
『息もできない』のヤン・イクチュンさんが寡黙な名演。
こちらも年明け日本各所でアンコール上映あります。




第3位:『おおかみこどもの雨と雪』

このランキングでのアニメ最高位を更新。
おおかみこどもという奇抜な設定が、シンプルなテーマを際立たせている。
2012年最高に泣ける作品。




第2位:『桐島、部活やめるってよ』

いやぁ、やられた。吉田大八監督恐るべし。
出演者が皆演技が上手い。吹奏楽部の部長を呼びにくる後輩部員まで上手い。
ナイロン100℃でブルドッキングヘッドロックの喜安浩平さん脚本。




第1位:『ヒミズ』

圧倒的なエネルギーを放つ快作は、1月の公開以来1位の座を譲らず。
マルチェロ=マストロヤンニ賞の染谷将太さん二階堂ふみさん始め、役者陣も皆パワフル。
吉高由里子さん、まさかのチョイ役出演。





2012邦画観逃して後悔した大賞


大賞:『その夜の侍』

関西ではいつの間にか上映終了。
あれの代わりにこっちを先に観ておけば良かった。
東京ではまだ上映中。いいなあ。





2012邦画個人賞


最優秀主演女優賞:二階堂ふみさん 『ヒミズ』

2度目の松たか子さんも考えたが、圧倒的なパワーを放つ二階堂さんに。
『悪の教典』ではその目力でラストを飾る。


最優秀主演男優賞:森山未來さん 『苦役列車』

佐藤健さん、『希望の国』の夏八木勲さんも考えたが、『苦役列車』は森山さんでなければ成立しなかったと思うほど。


最優秀助演女優賞:宮崎あおいさん 『わが母の記』

中学生からアラサーまで演じ分けたが、「篤姫」でそれ以上の年齢幅を演じ分けた宮崎さんならお手のものか。
最優秀助演女優賞は初。




最優秀助演男優賞:森山未來さん 『北のカナリアたち』

これぞ説得力と言いたくなるクライマックスでの大爆発で、各賞総ナメ。
本ランキングでは初の主演助演ダブル受賞。


最優秀新人賞:東出昌大さん 『桐島、部活やめるってよ』

さすがパリコレモデル。存在感抜群。
この出演を機に映画ドラマのオファー殺到とか。


最優秀監督賞:吉田大八監督 『桐島、部活やめるってよ』

「全キャストが輝きと刺激を放つジグソーパズル」とは公式サイトの言葉。
構造ばかりに目が行きがちだが、キャストの輝きを映画に刻んだことこそすばらしい。




購入やレンタルのご参考まで。
但しあくまで“私的ベスト10”ですので、苦情はご遠慮下さい。

それでは、良いお年を。



テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2012/12/31(月) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

謹賀新年

   新年明けましておめでとうございます。

関西の撮影会事情は芳しくないようですが、皆様の期待に応えるべく撮影会を開催して参る所存です。

今年も当撮影会、並びに各モデルを宜しくお願い致します。


黒井桃華ブログ:Beautiful Peach

小林ちなみブログ:ちなみ抄

南條莉奈ブログ:ナンリ帳


当撮影会では各モデルの個人撮影を受付けております。

お申込は撮影申込フォームよりお願い致します。

個人撮影につきましては、ご希望のモデルのプロフィールと、個人撮影についてをご覧下さい。


2012年最初の撮影会は、1月8日(日)、モデルは小林ちなみです。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


皆様のお申込をお待ちしております。

テーマ:グラビアアイドル - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2012/01/01(日) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

2011邦画私的ベスト10

今年もやります。大晦日恒例?の邦画ベスト10

因みに昨年第1位は『告白』、第2位は『悪人』という、珍しく日本アカデミー賞のような結果に。
今年はおそらくそうはならないでしょう。

では今年映画館で観た邦画、全30本のなかから選出したベスト10。


2011邦画私的ベスト10


次点:『八日目の蝉』

これは最後を締めた井上真央さんと小池栄子さんの個人技に拠るところが大きい。
永作博美さんも素晴らしい。




第10位:『ステキな金縛り』

こちらは検察官役の中井貴一さんと裁判長役の小林隆さんの演技に拠るところが大。
深田恭子さん、自分の仕事してます。
現在公開中です。




第9位:『神様のカルテ』

なんといっても宮崎あおいさんの神演技。
加賀まりこさんは勿論、岡田義徳さんと池脇千鶴さんも好演。




第8位:『ツレがうつになりまして。』

これ見よがしのオチでないのがお洒落。
ファンタジーを違和感なく見てられるのは宮崎あおいさんと堺雅人さんの演技力。
意外とと言っては失礼だが、中野裕太さんが好演。




第7位:『指輪をはめたい』

『檸檬のころ』の岩田ユキ監督の4年振り、待望の長編。もっと撮ってもらいたい。
佐藤貴宏さん、かまいたち山内さんら、サブキャラ祭りの娯楽作品。
年明けに『ヒミズ』が控える二階堂ふみさんが華麗なスケーティングを披露。




第6位:『CUT』

アミール・ナデリ監督脚本。主演の西島秀俊さん渾身の一作。
現在公開中です。




第5位:『モテキ』

麻生久美子さん扮するるみ子の、修羅場の決め台詞は笑った。ここ数年の映画で一番笑った。
森山未來さんの、尺が余るぐらいキレキレのダンスもここでは微笑ましい。




第4位:『マイ・バック・ページ』

史実に基づいた物語が淡々と進むが、最後の最後にカタルシス噴出。
ラスト1発勝負は当たり外れあるが、これは当たり。
山下敦弘監督次回作は、森山未來さん高良健吾さん前田敦子さん共演の『苦役列車』。




第3位:『恋の罪』

サスペンスとしては2択の謎解きだが、作品から、役者陣から発散される圧倒的なパワーに最後まで興味を失わない。
アンジャッシュの児嶋さんがいい味出してます。
園子温監督の次回作『ヒミズ』は年明け早々に公開。




第2位:『管制塔』

すみません好み全開のチョイスです。
全く無駄のない1時間強の中篇は、『ソラニン』の三木孝浩監督作品。
W主演の橋本愛さんと山崎賢人さんは、来年公開『another』でもW主演。




第1位:『奇跡』

当て書きの本作の完成度は奇跡ではなく必然。
日本版『スタンド・バイ・ミー』ここに極まれり。





2011邦画観逃して後悔した大賞


大賞:『冷たい熱帯魚』

『恋の罪』を観て殊更後悔。





2011邦画個人賞


最優秀主演女優賞:神楽坂恵さん 『恋の罪』

クレジット上の主演の水野美紀さんはストーリーの進行役的な役回りで、実質の主演は神楽坂さん。
浮世離れした感じを全身から滲み出して、物語に説得力を持たせている。
宮崎あおいさんを選ぶと向こう50年選び続けないといけなくなるので、今年は神楽坂さんで。


最優秀主演男優賞:西島秀俊さん 『CUT』

『奇跡』の前田航基さんで決まりかけていたが、年の瀬にうっちゃりで西島さんに。
インディペンデント映画に身を捧げた西島さんに相応しく、映画に身を捧げる男の役。
年明け、シネマート心斎橋で西島秀俊特集上映あります。


最優秀助演女優賞:冨樫真さん 『恋の罪』

神楽坂さん演じる主婦を、闇の世界へと誘う役。
文句無し。圧倒的なパワーと存在感で、作品の世界観を支えている。


最優秀助演男優賞:古館寛治さん 『マイ・バック・ページ』

妻夫木聡さん演じる主人公の、職場での良き相談相手の役。
決して主張はしていないが含みを持たせる演技が、時代背景を映し出している。


最優秀新人賞:前田旺志郎さん 『奇跡』

兄の前田航基さんは既に何作か出てるので、前田旺志郎さん単独で。
言うまでもなく、お笑いコンビの「まえだまえだ」です。


最優秀監督賞:是枝裕和監督 『奇跡』

雇われ監督でも名作を生む。
まさに日本のクリント・イーストウッド。




購入やレンタルのご参考まで。
但しあくまで“私的ベスト10”ですので、苦情はご遠慮下さい。

それでは、良いお年を。




テーマ:2011年映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2011/12/31(土) 17:08:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

百川晴香さん出演情報

既に今朝から驚いておられる方も多いかと思いますが、
当撮影会ゲストモデル、百川晴香さんが、

ミスマガジン2011ベスト15(セミファイナル)

にノミネートされました!

多数の人気アイドル、人気女優を輩出し続けているミスマガジンのファイナリストは、

皆様の応援で決まります!


【読者アンケートによる投票】
本日発売のヤングマガジンNo.24、ならびに5月18日発売の週刊少年マガジンNo.25についているプレゼント応募用紙に、ミスマガ投票欄がございます。
雑誌掲載のURLとパスワードによって、携帯電話からの応募も可能です。

ミスマガ携帯サイトからの投票・ダウンロード数(無料)】
1端末につき、1日1回投票が可能です。
待ち受け画像2枚がダウンロードできます。

ミスマガ携帯サイトからのダウンロード・ブログ閲覧数(有料会員限定)】
限定の待ち受け画像、PRムービーがダウンロードできます。
限定のチャレンジブログを閲覧できます。

うたすきJOYSOUNDでの動画再生・評価・コラボ回数】
うたすきに登録(無料)して動画をコレクションすると、CROSSO設置のJOYSOUND店舗にてコラボ動画をアップロードできます。

ニコニコチャンネル内ミスマガジン2011公式チャンネルでの動画再生・コメント数】
自己PRや本人選曲のカラオケを歌っている動画を閲覧できます。

ミスマガジン2011ベスト15 withドル撮!!での動画購入数】
スマホ(Android OS 2.1以降)限定アプリです。
3パターンの撮影会シチュエーション動画が購入可能です。

5月22日(日)ミスマガジン2011ベスト15 in 東京ジョイポリスでの会場限定写真セット購入数】
本日発売のヤングマガジンNo.24、ならびに5月18日発売の週刊少年マガジンNo.25についている入場券1枚につきお1人様、無料で入場可能です。
※東京ジョイポリス入場料大人500円、小人300円。
朝9時より5枚500円の写真セットが販売されます。
詳しくはこちらをご覧下さい。


ということは、ぶっちゃけ

5月22日までが勝負です!

皆様の応援、宜しくお願い致します!


ミスマガジン公式サイト

ミスマガジン携帯公式サイト

百川晴香さんブログ:晴れのち…晴れ!!


Koh→Boh 9Koh→Boh vol.09
(2011/04/02)
長野せりな、佐山彩香、斉藤雅子、百川晴香
山崎佑奈、相楽樹、小島瑠璃子
里佳津乃、中城あすか

商品詳細を見る(Amazon)
百川晴香さん出演。
特別付録DVD付。


百川晴香 としごろ[DVD]百川晴香 としごろ[DVD]
(2011/03/25)
百川晴香

商品詳細を見る(amazon)
百川晴香さん2nd DVD。


Chu→Boh vol.42Chu→Boh vol.42
(2011/03/03)
玉井詩織、山中ゆき、立花風香、真野しずく
百川晴香、西永彩奈、香坂まや、臼坂まゆ
水城サラ、西森なみ

商品詳細を見る(amazon)
西永彩奈、百川晴香さん出演。
特別付録DVD付。


「音楽とセシル」「音楽とセシル」
(2011/02/28)
北條 俊正

商品詳細を見る
西永彩奈、百川晴香さん出演。


テーマ:☆女性アイドル☆ - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2011/05/16(月) 16:13:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

謹賀新年

   新年明けましておめでとうございます。

旧年中は各モデルの芸能活動が忙しくなり、思うように撮影会を開催できませんでした。

撮影会を楽しみにして頂いてる皆様、申し訳ございません。

本年はできる限り撮影会を開催して参る所存です。

今年も当撮影会、並びに各モデルを宜しくお願い致します。


西永彩奈ブログ:★彩奈の日焼け跡★ ※受験の為、個人撮影休止中

黒井ももブログ:Beautiful Peach

小林ちなみブログ:ちなみ抄

南條莉奈ブログ:ナンリ帳


当撮影会では各モデルの個人撮影を受付けております。

お申込は撮影申込フォームよりお願い致します。

個人撮影につきましては、ご希望のモデルのプロフィールと、個人撮影についてをご覧下さい。

現在「水着になれないモデルは、モデルとは呼べませんっ」と題したキャンペーンを実施中です。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

皆様のお申込をお待ちしております。


   【2011年の予定】 ※決定分

1月25日:西永彩奈

オムニバスDVD 『純情女子中学生宣言!Chu→Boh学園2011 春』発売!

Chu→Boh学園2011 春 [DVD]Chu→Boh学園2011 春 [DVD]
(2011/01/25)
嬉野色葉、木乃下のの、立花風香、西永彩奈
葉月あい、羽矢有佐、山上愛、山中ゆき
相川聖奈、芹沢南、高橋まい、内藤もゆの
真野しずく、天野まあさ、福本みちる、森下真依
大島瑞希、美奈月ゆう

商品詳細を見る(amazon)
西永彩奈出演。


1月28日:南條莉奈

1st DVD 『はじめての経験』発売!

南條莉奈 はじめての経験 [DVD]南條莉奈 はじめての経験 [DVD]
(2011/01/28)
南條莉奈

商品詳細を見る(amazon)
南條莉奈1st DVD。


2月20日:南條莉奈

1st DVD 『はじめての経験』発売記念イベント開催!

17時よりソフマップ東京・秋葉原音楽CD館 4Fイベントスペースにて。


2月25日:西永彩奈

3rd DVD 『ボクの太陽』発売!

西永彩奈 ボクの太陽 [DVD]西永彩奈 ボクの太陽 [DVD]
(2011/02/25)
西永彩奈

商品詳細を見る(amazon)
西永彩奈3rd DVD。


テーマ:芸能ネタ - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2011/01/01(土) 11:11:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

2010年私的邦画ベスト10

今年もやります。大晦日恒例?の邦画ベスト10。
ちなみに昨年第一位は『ガマの油』
今年は忙しく、観た本数は昨年より減ってしまった。


   2010年邦画BEST10


次点 『グラキン☆クイーン』

元芸人の松本卓也監督による、笑いを解っているコメディ。
地方発全国区のグラビアアイドルを目指す主人公を、グラビアアイドル西田麻衣さんが演じ、
妹役の飯田里穂さんと共に、スピンオフのイメージDVDまでリリース。
主人公とタッグを組んでカメラマンを目指す高校生役の、松本光司さんがいい味。
監督の次回作『花子の日記 ~ビーフのキョーフ物語~』は倉科カナさん主演で、
松本光司さんも倉科さん演じる主人公の彼氏役で出演。




第十位 『今度は愛妻家』

ヒット舞台の映画化。
終盤いかにも舞台っぽいが、それを予測させないそこまでの展開がすばらしい。
石橋蓮司さん役得。




第九位 『オカンの嫁入り 』

大竹しのぶさんと宮崎あおいさん“十年に一人の”女優二人の競演。
のびのびと演じる宮崎さんを堪能。
瞬きする為に俯く芝居をさりげなく入れるあたりはさすが。




第八位 『書道ガールズ!! 私たちの甲子園 』

実はまんまスポーツもののフォーマットで、手堅く感動。
共演者まで光らせてしまう成海璃子さんも“十年に一人の”女優。




第七位 『ソラニン』

事が起こるまでを丁寧に描いて成功。
あのバンドが実在したら人気出るだろうな。
軽音部の後輩役の岩田さゆりさんが“ささやかではない”好演。




第六位 『ゴールデンスランバー』

いつもと違う飄々とした濱田岳さんが効いている。
終わり方がお洒落。




第五位 『春との旅』

仲代達矢さん演じる老人と、徳永えりさん演じる孫娘、二人のロードムービー。
『フラガール』で“日本一田舎娘が似合う女優”の称号を得た(当社比)徳永えりさんの真骨頂。
一人無名塾状態。




第四位 『おにいちゃんのハナビ』

『ガチ☆ボーイ』の西田征史さん脚本。泣きます。
宮崎美子さん演じる母のパート先で、高良健吾さん演じる主人公が全てを知ってしまうシーンは鳥肌もの。




第三位 『半分の月がのぼる空』

今年の掘り出し物はこれ。
これまた西田征史さん脚本で、意外な展開にぐいぐい引き込まれる。
深川栄洋監督は来年、『白夜行』など話題作ばかり3本公開。




第二位 『悪人』

豪華すぎるキャスティングなのにリアリティは損なわれていない凄さ。




第一位 『告白』

あのシーンのあの役者さん、行きと帰りで表情が同じなのはなぜだろう。
まるで同じカットを2回使ったかのよう。
それはさておき、中島哲也監督は『パコと魔法の絵本』に続きV2。
岡田将生さんは今年のワンツーフィニッシュ。





   2010年邦画見逃して後悔した大賞

大賞 『さんかく』

気づいたら上映終わってたパターン。痛恨の極み。
来年こそは見逃しがないように。





   2010年邦画個人賞
※Amazonリンクはベスト10で紹介していない今年の出演作で、Amazonアップ済の作品。

最優秀主演男優賞:高良健吾さん 『おにいちゃんのハナビ』

映画俳優として必要なものを全て持っているのではないか。
他に『BANDAGE バンデイジ』『ソラニン』『ボックス!』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』と主要キャストで出まくった上に、『雷桜』『ノルウェイの森』にチョイ役出演。
来年は朝ドラ「おひさま」に出演。主演・井上真央さんの夫役で世のおばさま達を虜にするはず。





最優秀主演女優賞:松たか子さん 『告白』

最後の対峙シーンはもちろん、最初の教室のシーンだけで一本の映画として成立するんじゃと思わせる凄み。
昨年軒並み最優秀主演女優賞を受賞したが、今年こそ推さなくてどうするのか。


最優秀助演男優賞:柄本明さん 『悪人』

加瀬亮さん『アウトレイジ』、玉山鉄二さん『ノルウェイの森』と迷って柄本さんに。
『ゴールデンスランバー』に始まって、とにかく映画出まくりの一年。





最優秀助演女優賞:谷村美月さん 『おにいちゃんのハナビ』

おそらくは“得意技”の役柄だが、もっとこういう役が観たい。
『ボックス!』でも高良健吾さんと共演。
現在『行きずりの街』『海炭市叙景 まだ若い廃墟』が公開中。


最優秀新人賞:忽那汐里さん 『半分の月がのぼる空』

昨年のデビュー作『守護天使』から、役の難易度が一気に上がったが、いい意味で期待を裏切られた。
小さい身体ながら大きく見せる存在感も既に備わっている。
来年は成海璃子さんと共演の『少女たちの羅針盤』に、妻夫木聡さんと共演の『マイ・バック・ページ』がスタンバイ。




最優秀監督賞:中島哲也監督 『告白』

ダンスシーンまでも怖さを引き立てる演出に脱帽。
AKB48「Beginner」のPVも監督。



購入やレンタルのご参考まで。
但しあくまで“私的ベスト10”ですので、苦情はご遠慮下さい。

それでは、良いお年を。





テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2010/12/31(金) 17:54:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

謹賀新年

   新年明けましておめでとうございます。

当撮影会では、2010年も1対1撮影会をメインに、囲み撮影会、個人撮影と、皆様のニーズにお応えできる企画を打ち出して参ります。
また昨年は神戸や京都でも撮影会を開催致しましたが、今年は京阪神以外でも開催できればと考えております。

なお、本年最初の撮影会は、某モデルのバースデー撮影会です。

今年も当撮影会、並びに各モデルを宜しくお願い致します。

西永彩奈ブログ:★彩奈の日焼け跡★

黒井ももブログ:Beautiful Peach

小林ちなみブログ:ちなみ抄

南條莉奈ブログ:ナンリ帳

当撮影会では各モデルの個人撮影を受付けております。
お申込は撮影申込フォームよりお願い致します。
個人撮影につきましては、ご希望のモデルのプロフィールと、個人撮影についてをご覧下さい。
皆様のお申込をお待ちしております。


《PR》↓お年玉でどうぞ。 PENTAX K-x レンズキット(税込送料込 49,791円)


《PR》↓望遠レンズが必要な方はコチラ。PENTAX K-x ダブルズームキット(税込 64,575円)





テーマ:モデル撮影会 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/01(金) 19:11:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年私的邦画BEST10

今年もやります。

私managerが、今年映画館でお金を払って観た邦画(外国との合作含む)35本の中からセレクト。

因みに昨年第1位は『パコと魔法の絵本』。第2位は『接吻』(公式サイト終了)。

今年はカウントダウン形式で。


   2009年邦画BEST10

次点『ドロップ』
品川ヒロシ初監督作品。主な登場人物全員に見せ場があり、監督の愛が感じられる。アホマイルド坂本さんは最優秀新人賞次点。


第10位『少年メリケンサック』
クドカン監督第2作。前半でもうお腹いっぱい。後半木村祐一さん演じるバンドメンバーのエピソードでアクセント。


第9位『誰も守ってくれない』
10代の女優さんでは“解り易い演技力”代表格、志田未来さんの真骨頂。柳葉敏郎さんと石田ゆり子さんがビシッと締める。


第8位『ディア・ドクター』
役者・笑福亭鶴瓶さんは『奈緒子』などで既に存在感を示していたが、ここでもハマった。瑛太さん演じる研修医と口論になるシーンは珠玉。


第7位『ノーボーイズ,ノークライ』
日韓合作。『ジョゼと虎と魚たち』と同じ、渡辺あや脚本×妻夫木聡主演だが、本作の話の軸はハ=ジョンウさん。


第6位『なくもんか』
”笑える悲劇か、泣ける喜劇か”の謳い文句は伊達じゃなかった。クドカン脚本新境地。最後は阿部サダヲさんと瑛太さんの力技で締め。

第5位『サマーウォーズ』
”IT化によるコミュニケーションの変容の明と暗”を考えずにはいられない、社会派アニメーションとしてランキング。谷村美月さんが声優としても輝きを放つ。


第4位『フィッシュストーリー』
伊坂幸太郎原作ではベスト作品。年明けの『ゴールデンスランバー』も愉しみ。やたらミュージシャン役の多い高良健吾さん。来年公開の宮崎あおいさん主演『ソラニン』でもミュージシャン役。


第3位『空気人形』
切ない。切な過ぎる。『誰も知らない』の是枝裕和監督が長年温めていただけあって、細部までよく練られたストーリー。僅かな出演ながら星野真里さんの汚れ役っぷりが凄まじい。


第2位『おと・な・り』
最後のアレが必要か不要かは意見の分かれるところだそうで。無くても成立はするけど、アリでしょう。谷村美月さんが、今年の「恋のから騒ぎドラマスペシャル」でも魅せてくれた、うっとおしい女キャラで観る者を退屈させない。


第1位『ガマの油』
役所広司初監督作品で自ら主演。良く言えば大胆な、悪く言えば粗いストーリーで、好き嫌いの分かれる映画。昨年来、こういう強烈なインパクトの映画に何故か惹かれる。『パコと魔法の絵本』も役所広司さん主演だったが、これは偶然。


えー、実は『沈まぬ太陽』はこれから観ます。


   2009年邦画見逃して後悔した大賞

『風が強く吹いている』
気付いたら終わってた。あの映画より先に観ておくんだった。本物の箱根駅伝をTVで観ます。DVDももう予約開始。



   2009年邦画個人賞

最優秀主演男優賞:笑福亭鶴瓶さん 『ディア・ドクター』
元々評価されてしかるべき人が、役と作品に恵まれて文句無し。山田洋次監督『おとうと』が年明け公開。

最優秀主演女優賞:ぺ・ドゥナさん 『空気人形』
”しょせん人形”の悲哀を見事に表現。この役を引き受けたこと込みで、彼女でなければ成立しなかった。

最優秀助演男優賞:岩松了さん 『空気人形』
人間のいやらしさを時に押さえて、時にエキセントリックに演じ、不気味さを漂わせる。

最優秀助演女優賞:徳永えりさん 『ノーボーイズ,ノークライ』
どんな役を演じても彼女だと気付かないなり切りぶりは本作でも健在。この役を何の違和感も無く演じられる20歳(当時)は凄い。舞台『ワルシャワの鼻』観たかった。

最優秀新人賞:澤屋敷純一さん 『ガマの油』
K-1でジェロム・レ・バンナからダウンを奪ったとき以上の衝撃。
←これはK-1の試合。


今年は結構(11本)観たので、こちらも。

   2009年洋画BEST5

第5位『ミルク』
『グッド・ウィル・ハンティング』のガス・ヴァン・サント監督がまたも名作を産む。とにかく主役のショーン・ペンに尽きる。見応え十分の一代記。


第4位『グラン・トリノ』
クリント・イーストウッド監督さすがの出来ばえ。硬軟交えて、人生のゴールを探し求める老人の生き様を描く。


第3位『イングロリアス・バスターズ』
クエンティン・タランティーノ監督お得意の三すくみシーンも。クリストフ・ヴァルツ怪演。


第2位『スラムドッグ$ミリオネア』
私はアカデミー賞作品賞とは相性が悪いのだが、これは感動。音楽も素晴らしい。『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督作品。


第1位『レスラー』
続けるのも勇気、辞めるのも勇気。レスラーをタレントに置き換えれば、本作を1位に推さずにはいられない。女性には解らない世界かも。


特別賞『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
プロとはこうあるべきと、学ぶところだらけのドキュメンタリー。合掌。



ご覧になった作品はあったでしょうか?
気になった作品がございましたら、こちらもどうぞ。






それでは、よいお年を。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2009/12/31(木) 22:25:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

Author:O.P.L.事務局
大阪フォトアイドルライブ撮影会ブログへようこそ!

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
事業者 (1)
利用規約 (1)
注意事項 (1)
モデル募集 (32)
モデル紹介 (122)
撮影会 (77)
個人撮影について (1)
個人撮影キャンペーン (6)
ご報告 (94)
告知 (182)
ゲストモデル紹介 (1)

検索フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。